本ブログは移転をしました。
新しい URL はこちらです。

http://thikasa.net/

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2011年10月07日

世界と Jobs と私

Twitter の TL を見て、初めはどうせまたデマだろうと思っていました。

でも次々と新しいツイートがなされ、Apple のサイトを見た時、疑いようの無い事実として受け止めさせられました。

今日世界中を駆け巡った Steve Jobs の訃報。

私と Apple、そして Jobs。
思いつくままに書き綴ります。


私の初めての Apple との邂逅は、もう 20 年ほど前になります。
大学の研究室に、共用の Macintosh がありました。
電源を切るボタンが無いことや、フロッピーのイジェクトボタンが無いことにとても驚いたのを覚えています。

とても興味はあったけど、当時とても学生の手に届くようなコンピューターではなく、あまり使うことができませんでした。
「なんか画面表示が綺麗なお絵かきマシン」という印象があります。

そこからしばらく私はいわゆる WinTel ワールドにどっぷりと浸かる生活が続きました。
PC98、DOS/V 互換機、MS-DOS に MS-Windows。
常にコンピュータのある生活でしたが、Apple が入り込む余地はありませんでした。

もちろん Apple のことは常に知っていましたし、どんなことをやっているのかは見ていました。
Jobs の追放、NeXT、そして Jobs の復帰、全て知っています。

それまで Apple の製品は高嶺の花のような存在で、どこかユーザーを突き放すような、置いていってしまうような空気がありましたが、iMac を初めて見たときは、何かが変わった気がしたのを思い出します。

それでも Apple 製品を買うことなく時は過ぎていくのですが、遂に購入したのは iPod(今で言う Classic)。
あのクルクル触りながら回すという独特の UI には驚きました。
まだこんな新しい UI が考えられるんだなと。Apple すごいなと思い始めたのはこの辺りです。

そしてその後 iPod touch を購入し、また衝撃を受けます。
タッチの UI にこんな新しい方向性があるなんて…。

そこから iPhone、iPad と順調に Apple 道を進み、MacBook の購入でもうすっかり Apple に浸かった生活になりました。
特に MacBook のトラックパッドを用いた新しい UI にはまたまた衝撃を受けました。

Apple の製品を手にするたび、その進化にいつも驚かされます。


小学校5年生の時に初めてパソコン(当時はマイコンという呼び方でした)に触れて以来、ずっとコンピュータと共に生活をしている私ですが、コンピュータって本当に使いづらいと思っています。
なんでもできるけど、限られた人しか使えない。
人とコンピュータとの間には、大きな隔たりがある。
ずっとそう思っています。

そしてその隔たりを無くしてくれるのは、User Interface、すなわち UI。
どんな UI ならその隔たりを無くせるのか?
私はそんな想いでコンピュータに関わる仕事に従事しています。


とまぁ UI の重要性は今私が多くを語るまでもなく指摘されていることです。
Apple はその UI を、毎回毎回驚くような進化をさせてくる。
感嘆するばかりです。

そんな Apple を支え引っ張ってきた Steve Jobs。
その功績はあえてここで書くまでもありません。
まさに超絶希代の人、です。

そして今日、その Jobs が天国に行ってしまった。
とてつもない喪失感を感じています。

CEO を退いたとはいえ、きっと何らかの形でこれからも私たちを驚かせてくれるのだろうと思っていました。
ゆっくりと静養して、年に一度でも顔を見せてくれればそれでいいなぁとか。

それだけに本当に残念です。
UI の、ひいてはコンピューティングの、進化が止まってしまう気さえしています。
でもそこは、残された私達で、なんとか進めていきたいです。

人世界とコンピュータの世界との間に、大きな架け橋を架けてくれた Jobs に、世界最大級の敬意と賛辞を。

今まで本当にありがとう。あちらの世界でも自分の道を突き進んでください。



さて、Michael Jackson の時にも考えたのですが、今回も。
なぜ Jobs は今、旅立たなければならなかったのでしょうか。

私は、夭折な人は何かしらのメッセージとなるキーワードがあると最近思っています。
夭折であることでそのキーワードが強く広く世界に波及していく。

Michael Jackson であれば、それは「愛」。

Steve Jobs は...「変革」かなと。

常に変革し、進化し、世界をより良いものに変えていく。
別にコンピュータに限ったことではありません。そして大きなことじゃなくてもいい、小さなことでも、些細なことでも、いやむしろ些細なことから、みんなが変革していけばきっと世界は良くなります。

Jobs はそれを伝えるために生まれてきたんだと。

Stay Hungry. Stay Foolish.

簡単に満足しないでもっともっと突き進め。
この言葉はそう語っているように聞こえます。

最後にあの有名なスタンフォード大学のスピーチから、私の大好きなフレーズで〆ます。


Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.
時間は限られています。他人の人生を歩むのはやめましょう。
posted by thikasa at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック