本ブログは移転をしました。
新しい URL はこちらです。

http://thikasa.net/

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2011年01月04日

どうしたら続けることができるのか〜『マキコミの技術』を読んで

続けるためには、というテーマでちょっと前に書きましたが、「マキコミの技術」を読んで、同様に響くものがあったのでさらにもう一度エントリ。

マキコミの技術 [単行本(ソフトカバー)] / コグレマサト, いしたにまさき (著); インプレスジャパン (刊)

ちょっと長めですが引用します。

 さて、「継続が必要だ」と簡単に言っても、それを四六時中意識して行動するのは辛いだけで、じきに挫折してしまいます。この問題に対する有効な回答がひとつあります。それはソーシャルメディアでの活動を生活習慣の一部として、「気がついたら数年間続いていた」というように自然と継続できるようにすることです。
 そのために大事なのは、自分の毎日のペースを作ることです。三日に一回だけちゃんとやろうとか、週に一回にしようというような考えが、実はいちばんダメになりやすいのです。週に一回だと、そのときにある程度の結果を出そうと無理をしてしまいがちで、それはあまりいいサイクルになりません。無理はどこかにほころびが出るというものです。
 毎日続けることは大変だと思う人もいるでしょう。でも、そこは考え方を組み替えます。無理に「やる」を毎日続けるのではなく、自然に「毎日できる」形を探して、いいサイクルを生み出すのです。通勤中にツイッターをする、昼休みにブログを更新する、といったことを続け、「今日は更新できなかったから落ち着かないな」と感じるようになればしめたものです。

(ボールドは私が修飾したものです)

(無理に)何かを続けようと思うのではなく、続けられるような何かを選ぶ
そういうことになるでしょうか。
とにかく続けなきゃ、と半ば無理やり思い込んでいた私には目から鱗でした。

前回の「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」もそうでしたが、上の言葉はいしたにまさきさん(&コグレマサトさん)の著書。
いしたにさんには二度も背中を押してもらいました。
本当にありがとうございます。
posted by thikasa at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。