本ブログは移転をしました。
新しい URL はこちらです。

http://thikasa.net/

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2011年01月30日

もう Reeder for Mac しか見えない

Mac を買ったら、ぜひ使ってみたいアプリがありました。

Reeder for Mac です。

Google Reader 使いな私は、いろいろなところで絶賛されているこのアプリに興味津々。

Google Reader使いは、Reeder for Macにすぐ乗り換えた方がいい:[mi]みたいもん!

Reeder for Macの素晴らしすぎる機能を褒め倒す | goryugo, addicted to Evernote


「3倍速く読める」というフレーズが出てきますが、さすがにそれは大げさだろうと思っていました。
Web 版をバリバリ使っていた私は、読みこなしには結構自信があったのです。
で、実際に使ってみたんですが。

ホントに3倍速く読めます。いやそれ以上かも。

これはスゴイ!
久々にアプリで感動興奮しました。

私がイイなと思うのは次の3つ。


・Unread の有効性

要は「未読だけを選択的に読むことができる」という事。
Google Reader 用 iPhone アプリで既にできるし、取り立てて新しいということはないのですが、広い表示画面やキーボード、加えてトラックパッドという MacBook の I/O デバイス的な優位性もあって、極めて滞りなくなく読み進めていくことができます。
Web 版だと、フィード数が多いのでどうしても未読のフィード間の移動に時間がかかっちゃう(数秒ですけどね)のです。

・ショートカットキーの利便性
まず、Google Reader と一緒というのがイイ。労せずすんなり使い始められます。
加えて、キーボードだけで操作が全て完結します。極端な事を言えば J キー一つだけで読み進められます。フィードの最後まで読み進めていってそのまま次のフィードに移動してくれますから。
B キーでデフォルトブラウザにバックグラウンドで送れるのもすごく便利です。じっくり読もうと思うものはそうしています。


・タイトル一覧の幅の有意性

なんのことかと言うと、この幅。
Reeder.png
最初は狭いかなぁと思ったのですが、この幅故、タイトル全体がパッと目に入って来やすいです。
タイトルだけをザーッと読み進めようとするときにイイ感じ。
幅とは関係ありませんが、Favicon をちゃんと表示してくれるところも素晴らしい。


あと、私はそんなに使っていませんが、3本指スワイプにいろいろと機能を割り当てられるのも便利ですね。
私は左スワイプに Read It Later 登録を割り当てています。Read It Later に登録したい時にはこれを使います。


そんな感じでもう手放せません。これ無しには Google Reader 生活が考えられないです。
今はベータ版故無料のようですが、有料になっても迷うことなく購入します。
Google Reader 使いな方には間違いなくオススメです。

こんなに気に入ったアプリは久しぶりです。
素晴らしい〜。
ラベル:Mac
posted by thikasa at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

初めての Mac 〜トラックパッドが便利すぎる

MacBook Air を使い始めて一番衝撃的だったのは、

トラックパッドです。

便利すぎる!

マウスは要らないと感じます。
Windows ノートにも欲しいすごく欲しいです。

個人的まとめの意味も含めてご紹介。

2本指で上下左右スワイプ


上下左右にスクロールします。
ナナメにもスクロールできます。

これがもう超絶に便利。
手放せません。もうこれ無しには考えられません。

バックグラウンドのウィンドウに対してもしっかりできます。
細かな配慮が便利便利。

3本指で上下スワイプ


上:ページの先頭へ移動
下:ページの最後へ移動

これも便利です。長いページを見てる時に素早く先頭に戻れます。
ただしこれ、対応ソフトが限られるようで、私が使っているものだと、

・Firefox
・YoruFukurou

だけでした。
しかし2本だけでなく3本も認識してくれるとは。驚きでした。

3本指で左右スワイプ


左:戻る
右:進む

これもよく使います。
3本指上下と同様、対応ソフトのみのようです。
ブラウザ全般(Safari, Firefox, Chrome)はもちろんOK。
YoruFukurou だと、タブの移動に使えます。

4本指で上下スワイプ


Expose を使えます。

上:デスクトップ表示
下:ウィンドウ一覧

Expose はとても便利なのですが、さらにそれにすぐリーチできるのは良いですね。
ウィンドウ一覧はよく使います。

しかし4本指まで認識するとは。驚くほかありません。

4本指左右スワイプ


アプリケーションの切り替えが表示されます。
サッと切り替えたい時に便利です。

その他


・2本指クリックで副ボタンメニュー(いわゆる右クリックメニュー)
・2本指ピンチで拡大縮小(ブラウザでも可)
などなど。


いずれにしろ、ホームポジションからあまり手を動かさずに操作できるのが素晴らしく便利です。
マウスだとどうしても手の移動が大きくなってしまい、トータルでかかる時間と肉体的な疲労(大げさですが)は馬鹿にならないです。
これだけのためにでも MacBook を使う価値はあると思いました。
ラベル:Mac
posted by thikasa at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

初めての Mac 〜続・戸惑いのインストール アプリにより多種多様

さてその後もいろいろとソフトをインストールしたのですが、インストーラといいますか、インストール方法といいますか、いろいろあるんだなぁということがわかりました。

こんなのあるんだぁ、というのを、アプリごとに見てみたいと思います。


Chrome


Chrome.png

Firefox は左から右でしたが、これは上から下。
今となっては(何をしたらいいのか)わかりますが、これも初めて見たら戸惑うかなぁと。

mi


mi.png

これはいいですね。せめてこう言葉で書いてくれれば、ああこの画面でやればいいのかな、って思いも湧きます。

CotEditor


CotEditor.png

これはまた戸惑いました。

・アプリのアイコンだけをアプリケーションフォルダに D&D すればいいのか?
・この3つのアイコン全てを(以下同文)?

アプリのアイコンだけでいいそうです。
(Facebook にて教えていただきました。ありがとうございました。)

これもちょっと不親切かなぁ。

AppCleaner


AppCleaner.png

これは初めて。独自のインストーラが起動します。
こういういいですね。いわゆるインストーラというか。

YoruFukurou


YoruFukurou2.png

(上記の)これまでのものは全て .dmg ファイルでしたが、これは .zip ファイルです。
ダウンロードして開くと、単純にダウンロードフォルダに解凍されます。
(アプリケーションフォルダにコピーして云々の説明はありません)


とまぁいろいろあるなぁという感想です。
単純な .zip ファイルはともかく、.dmg ファイルのほうは、表現を統一してくれたらいいのになと思います。
わかってしまえばなんてことないのですが、それでも戸惑うことがあるのは事実なので。

でもそれに対する答えが Mac AppStore なのかもしれませんね。
あれは確かにアプリの導入がすごく楽ですし。
ラベル:Mac
posted by thikasa at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。