本ブログは移転をしました。
新しい URL はこちらです。

http://thikasa.net/

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2010年09月22日

書いている途中のブログが消えてしまわないために

ブラウザでブログを書いる途中に起こる悲劇。

間違えてブラウザを閉じちゃった!
突然ブラウザが落ちちゃった!
PC全体がフリーズしちゃった!

アッー!

せっかく書いた内容が為す術もなく消えてしまった...。
そんな経験はありませんか?
(私はあります...)

そんなことのないよう、いくつかやり方をご紹介。


ブラウザの拡張機能を使う


Lazarus: Form Recovery(Chrome)
Lazarus: Form Recovery(Firefox)

フォームに入力した内容を覚えていてくれます。
自動で保存してくれるので便利。
ブラウザだけで事が済むし、さらにそのブログサービスだけで事が済むので、一番直接的ですね。
ただあまりにも履歴が残っちゃうと、ちょっと鬱陶しいかもしれません。

後は、ブログサービスによっては、WYSIWYG なエディタもあると思いますが、それだとどうなるか...全ての場合でうまく動作するのか...わかりません...。

別環境で下書きをした後にコピー&ペーストする


これより以降は、ブログサービスのフォームに書くのではなく、一度どこかで下書きをした後、それをフォームにコピペする、という方法についてです。
テキストのみを書くことになるため、文字装飾やリンクの記述等、ブログサービスのエディタで行なうものについては、ペーストした後に加工する形になります。


■テキストエディタ

ズバリそのまま。
テキストエディタで下書きを書いて(ちょくちょく保存して)、それをコピペ。
私はしばらくこの方法を使っていました。
ブログを書くとなると HTML も簡単に書けると便利なので、HTML タグの挿入が簡単にできる、Apsaly というテキストエディタを使っていました。

ただ、あちこちいろんな PC を使って書こうとすると、そのファイルをその PC に持って行かなければいけないのが面倒です。


■オンラインメモサービス

データの保存をネット上にするのが、オンラインメモサービス。
これだとどの PC でもファイルの持ち運びをすることなく書くことができます。

Quill
ブラウザで動作する、シンプルなメモサービス。
でも超こまめに自動保存してくれるので、とても安心感があります。
なかなか便利です。

その他にも、
penzu
といった同様のサービスもあります。

また、この分野ですと、
Simplenote
こちらが有名ですが、これアカウントの作成に iPhone アプリが必要なんですね。そこがちょっと気になるところです。
逆に言えば iPhone があれば専用のアプリがあるのでとても便利です。

< 2010/09/24 修正>
今見たら、普通に Web からアカウント登録できるようになってました(汗
iPhone アプリも使いやすくてオススメです。
SimpleNote

Evernote
もはや説明は不要かと思いますが、今回はこちらもオンラインメモサービスの範疇で捉えてます。
先に書いたオンラインメモサービスに比べると、こまめな自動保存はできません。
でも、いろんな情報を Evernote に保存している中、ブログの下書きも一元化できるのは便利です。
私は現在、この方法を使っています。


そんなわけで、いろんな方法があります。
後はお好みでどうぞ〜。
posted by thikasa at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

次世代 TV と子ども

ウチの息子(3歳)。
超絶 Youtube 好き。
家族の中の誰よりも見ている。
(見ているのはもっぱら戦隊物)
放っておくといつまでも見ているので、こちらが制止しないといけないほどに...。


で。
次世代TV(?)
AppleTV とか GoogleTV とか。
これって Youtube 見れるわけです。
これはヤバイ...息子が食いつくこと必至。食いついたまま話さないこと必至...。

で、ふと思ったのが、現在の時間放送制(そんな呼び名があるかわからないのだけど。オンデマンドに対するオンプレミス)。
決まった時間に始まって、決まった時間に終わる。
見逃すと見れない、不便な気もするのだけど、これはこれでいいのかもしれない。
放送が終わったから、「はいテレビはここまで!」みたいなことができる。少なくともいくばくかの抑制力があるかなと。


もちろん録画したら意味ないんですけどね。
それはまた違う外部要因ということで。



なんでもかんでもオンデマンドになると、欲望のままに見続けてしまうことになり、子どもには良くないのかもしれないと思ったのでした。


いずれにしろ、テレビも新しいカタチになろうとしていて、子どもの関わらせ方も考えておかないといけないなぁと思った次第です。


まぁ上で言ってる次世代 TV、たぶん日本じゃ見れない気がしますが(;´∀`)
posted by thikasa at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

セルフブランディングのその前に

セルフブランディング、という言葉がよく聞かれるようになりました。

会社や組織に頼らず、自分自身で自分自身を売り込む、セルフブランディング。
ネット・ソーシャルメディア全盛の今日において、注目されている事柄です。


でも、セルフブランディングをする前に、しなければいけないことがあるのではないでしょうか。


それが、「パーソナルマーケティング」です。


パーソナル・マーケティング

パーソナル・マーケティング

  • 作者: 本田 直之
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




曰く、

1.自分の強みをはっきりさせること
2.「それは誰の役に立つのか」を徹底的に考えること
3.さまざまな要素をたいけいだてて組み立てること


自分の強み、というのはよく語られることだと思いますが、それは誰の役に立つのか?というのは忘れがちではないでしょうか。
その強みはどんなところで発揮できるのか、というのは意識しておきたいです。

その他本書では、上記123それぞれの方法論が書かれており参考になります。

自分の強みを見つける方法の一つとして、

・自分についてタグ付けをする

これだけでなく、

・アンチタグリストを作る

という、自分が興味を持っていないこと、向かいたくない方向、について列挙するのはなるほどなと思いました。

闇雲に、自分の強み、自分の強み、と模索せず、戦略をもって考えることが重要ですね。

これからの時代を生き抜くために大いに参考になる本書です。
posted by thikasa at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。