本ブログは移転をしました。
新しい URL はこちらです。

http://thikasa.net/

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2010年06月29日

iOS4 マルチタスクを実際に使ってみて思うこと

iOS4 がリリースされて一週間経ちました。
待ちに待ってたマルチタスク...こんな記事も書きましたが、一週間使ってみて思うことを書いてみたいと思います。

なお、iOS4 のマルチタスクについては、こちらの記事が詳しいです。

iOS 4マルチタスクまとめ


さて、これイイ!と思ったことをいくつか。

Fast App Switching


やっぱりこれが便利ですね。他のアプリに切り替えて戻ってきてもその時の状態を保持してくれているのはとても嬉しいです。
これが一番望んでいたことなので、本当に良かった。
自動的に元のアプリに戻ってきてくれたりはしませんが、まぁそれは贅沢というものでしょう。

Task Compression


ちょっと目立たないかもしれませんが、これもかなりイイです。
Read It Later でサイトを読み込んでいるとき、パッと他のアプリに切り替えてちょっと使った後、戻ると読み込みが終わっていたりします。
スバラシー。時間を有効に使えます。


この二つの存在がとても大きいですね。
まさにマルチタスク万歳といったところです。
アプリの切り替えがスムーズにできるようになって、嬉しい限り。
ちょっとした感動ですらありました。


でも。


困ったこともあります。


なんでもかんでもタスクバーに入れるのはなぁ...


立ち上げたアプリは、全てマルチタスク起動され、タスクバーに行きます。行ってしまいます。
でも、全てのアプリをマルチタスクで動かしたいわけではなく、立ち上げた後、即座に完全終了したい場合も非常によくあります。
なのに今は、わざわざタスクバーを開き、アイコンを長押しして、アプリを終了しないといけない。

これは非常に面倒です。

・アプリのオプションでタスクバーには入れない(シングルタスク動作)

とか

・タスクトレイに入れない終了のさせ方(ホームボタンダブルクリックとか)がある

こんな風ならよかったのですが...。

もしくは、いくらアプリを立ち上げても動作に影響のない制御機構とか。
難しそうですけど...。

今だと数多くアプリを立ち上げていると、全体的に動作が重くなってきます。
マルチタスクとはいえ動作は停止しているのですが、それでもメモリは消費しますから。

iOS4 に変えた後、妻が、「なんか動作が遅い。」と言うのでタスクバーを見てみたら、10 個くらい入ってました。
遅くなるわけです。
そして、マルチタスクのなんぞやを知らない人は、こういうケースに陥ってしまいます。

これはかなり残念です。
まさに諸刃の剣。マルチタスクは難しいですね。アプリの作者の方も大変だろうなと思います。


願わくば、多少なりともアップデートで修正されるといいのですが...。
とても便利なだけに、もう一工夫ほしいところです。

今後に期待です。
ラベル:iPhone
posted by thikasa at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

Twitter で人に優しく

Twitterをやっていてよかったと思うこと。 - かみんぐあうとっ
↑の @komoko さんのエントリに惹かれて私もエントリ。
以前もちょっと書いたことがあったのですが、改めて。


世の中のいろんな人のいろんな考え、意見、言葉に触れることができるのは、本当に刺激的で素晴らしいことです。

小学生から中学生になった時。
中学生から高校生になった時。
高校生から大学生になった時。
大学生から社会人になった時。

それぞれで、今までとは違う人達に出会い、刺激を受けてきました。
今までに行ったことのない場所に行ったりして、刺激を受けてきました。

今思えば、そんな刺激を受けるたびに、自分の世界が広がっていったのだと思います。

自分の世界が広がると、今まで見えなかったものが見えてくるようになります。
今まで感じなかったことが感じられるようになります。

それはいつも軽い高揚感を伴っていました。


Twitter も、同じ感覚があります。いやきっと今まで以上です。
世界中の人と手軽に繋がれるのはすごいです。
いつも刺激をもらっています。


で、思ったのですが。

そうやって自分の世界が広がっていくと、人に優しくなれるんじゃないかと。

今までは見えなかった、今までは知らなかった、今までは感じられなかった、人の想い。

それがわかるようになってくると、自分の想いも変わっていく。

「みんなちがって みんないい」のです。

お互いを認め合うことができるようになって、人に優しくなれるんじゃないかと。

Twitter はそれが実現できる貴重な世界だと思います。
ラベル:twitter
posted by thikasa at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

iPhone OS 4 マルチタスクに思うこと

遂に出ました。iPhone 4 及び iPhone OS 4(iOS)。

私が一番気になっていたのは、マルチタスクです。


今のところ公になっているのはこんな感じでしょうか。

アップル - iPhone - 新しいiPhone 4の機能をすべてご紹介します。
iPhone 4は、マルチタスキングに、まったく新しい方法を採用しました。他社製アプリケーションにも対応し、複数のアプリケーションを一瞬で切り替えることができ ます。使用中のアプリケーションのパフォーマンスを低下させたり、バッテリーを浪費することはありません2。iPhoneならでは の、より賢いマルチタスキングです。

2. マルチタスキングはiOS 4に対応するように開発されたアプリケーションでご利用いただけます。



iPhone OS 4.0(iOS)の詳細
バックグラウンドで動作を許可されるのは全体のパフォーマンスを大きく低下させない7種類のサービスに限られる

-オーディオ: i.e. Pandoraをバックグラウンドで作動させることができる。コントロールはポップアップする。

-VoIP: Skype通話中にアプリを切り替えても「通話に戻る」ボタンが表示されて通話が継続する。ロック中でもSkypeの着信が表示される。

-ロケーション: 地図から他のアプリに切り替えても逐次ナビゲーションは継続する。 音楽を聞きながらナビゲーションを表示させることもできる。ナビゲーション・アプリから音声ガイドが入るときには自動的に音楽の音量が絞られる。これは良く出来ている。携帯無線塔のデータを加味したAGPSを利用する。アプリが現在位置を送信していることがステータスバーに表示される。アプリ毎にロケーション昨日をオン/オフできる

-プッシュ通知: 従来どおり

-ローカル通知: iPhone内でのアプリの通知(アラームのポップアップなど)がサポートされる。

-高速アプリ切替: アプリ切り替え時に個別のアプリが現在の状態を保存できる。

-切り替え後のタスク完了 :たとえば、Flickrに写真をアップロード中にアプリを切り替えてもバックグラウンドでアップロードを完了させる。



これらを見ると、Windows のように何でもマルチタスクに動くわけではなく、ずいぶん制限があるみたいです。

制限...て書くとなんだかマイナスなイメージがあるかもしれませんが、私はこれでいいと思っています。
というか、制限があるべきだ、と思っています。

というか、マルチタスクなんて要らない、とさえ思っています。

いたずらにタスクが並列動作できるようにしても、メモリやCPU等リソースを消費するだけで、快適な動作は望めないでしょう。
(AppStoreという仕組みがあるので考えづらいですが)不穏なアプリがコッソリ動かないとも限りません。

私が望んでいるのは、いわば、「スマートタスクスイッチング」です。

あるアプリから別のアプリへ制御が移った後、元のアプリへその状態を維持したまま戻ってこられる。
制御の移行は多段が可能。でもその数には制限を設ける。
プログラミング的な言い方になってしまいますが、イメージはスタックです。LIFOなタスクのスイッチング。

よくあるケースとしては、あるアプリからSafariを起動すると、今はSafariを閉じたあと手動で元のアプリを立ち上げないといけないですが、これが煩わしい。
これが自動で戻ってきて、元のアプリの状態も元のまま、であってほしい。

そう思います。
これらのことは、「高速アプリ切り替え」でできるのでしょうね。

また、「バックグラウンドで動作を許可されるのは全体のパフォーマンスを大きく低下させない7種類のサービスに限られる」のもイイですね。いたずらにリソースを消費することはなさそうです。(もちろん今までよりは消費すると思いますが)


そんなわけで、当初は懸念していたマルチタスクですが、発表を見た限り良さそうな感じ。
早く実際に使ってみたいです。
ラベル:iPhone
posted by thikasa at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。